新規案件を獲得するWebサイトとは?

電子商取引が成熟するにつれ、Webサイトを営業のツールとして、案件受注を目指す流れが広まっています。

「ホームページで仕事が取れるのか?」

こんな質問をいつも受けています。答えは「はい」

「それじゃどうすれば良いのか?」

「御社のWebサイトは、ビジネスや顧客のニーズの変化に迅速に対応し、 常にエンドユーザーが使いやすい状態になっているか考えてください。」

営業ツールとしてのWebサイトとは?

IITのホームページ計画はサークル上の好循環を目指します。

【Step1】
目的に応じたホームページのリニューアルを行った後、
アクセス数の増加と問合せ件数アップのための、検索エンジン対策を施します。

【Step2】
次に、ホームページでの市場調査を開始します。
優良顧客情報を取得し、アクセスログ解析によって、ユーザーニーズの把握が可能となります。

【Step3】
そして、見込み客へホームページから営業をかけることで、優良顧客を振り分け、
実際の商談へと結びつけることができます。
商談成立後にも、顧客ニーズに従ってホームページを更新していくことで、好循環がまわりだします。

ホームページ活用プランとは?

【1】ホームページを優秀な営業マンに育てます

「発見上手・アピール上手・フォロー上手」
~やらなくてはいけない「3つの上手」をIITがサポートいたします~

ホームページを制作・公開しただけでは意味がありません。
目的に沿った、計画的な広告宣伝と連携できてこそ、ホームページの役割をなしえます。

ホームページで訪れるユーザー、顧客となり得る人々は、どのようにしてやってくるのか?
そのために準備しておくべき最適なドメインや、必要となるキーワードの選定は欠かせません。
集客とアクセスアップのためには最も重要となる、検索サイトの有効な活用術をコンサルティング いたします。

ホームページを優秀な営業マンとして、
インターネットで行える24時間の営業体制をフル活用する方法をお教えします。

【2】新規案件を獲得する市場調査

ホームページでどのようにして新規案件を獲得するのか?
それは、「顧客を知ること」です。
将来、顧客となりえるホームページへアクセスしてきた訪問者を解析することでマーケティング支援を行います。

さらに、訪問者を目的のページに誘導できているのか?
ホームページの導線計画によって、新規顧客獲得へと導きます。

【3】有効な顧客管理の活用

最も大切なことは、「新規顧客を獲得する」ことではありません。
会社の継続は、顧客の継続でもあります。
顧客となっていただいたお客様に、継続して顧客であっていただくためには
どのようなサービスを行う必要があるのか?ホームページでどのようなことができるのか?
成約率を高める顧客リストの有効活用手段をサポートいたします。